点検をするタイミング

車の整備をするには高い技術と深い知識が必要とされます。 しかし、故障などのトラブルを未然に防ぐための点検には深い知識は必要ありません。 エンジン始動前の簡単なチェックでいち早く異変に気付くことができるのです。

チェックのタイミングは最低でも月に一度はしたいものです。 また、走行を始める前にチェックをするのが一番良いタイミングなのです。

チェックする箇所の順番はどこからでも構いませんが、ここでは冷却水の確認から説明していきます。 冷却水は文字通りエンジンを冷却するためのもので、これが不足するとエンジンがオーバーヒートしてしまいます。 また、エンジン停止直後はエンジンの熱を吸収した冷却水は大変高温になっていて、やけどの恐れもあります。 そのため、確認は走行を始める前の冷えている状態が良いのです。 チェック方法は簡単でリザーバータンクと呼ばれる場所に規定量の冷却水が入っているかを目視するだけです。

女性運動12次にエンジンオイルの確認をします。エンジンオイルもエンジンの中をまわり、 エンジンを保護する役割を持っている重要な箇所です。 確認方法はオイルレベルゲージに付着したオイルの量を見て確認します。 これも、走行後だと適正なオイル量が計れないため事前のチェックが大事なのです。

最後にブレーキフルードの確認をしましょう。ブレーキに関わるトラブルは大事故につながりますので、 確認を忘れずにしましょう。これも規定のブレーキ液が入っているかを見るだけです。 ついでにまわりも良く見て漏れなどが無いか確認をすればさらに安心です。

このように簡単な事前確認で異変に気付くことができるので、定期的なチェックはかかさないようにしましょう。

Comments are closed.