エンジンオイルの量

車のエンジン内部にはエンジンオイルが入っています。これは潤滑油と言われエンジン内部のピストンとシリンダーをの間に皮膜を作って摩耗を防ぐ役目があります。
またエンジンの内部を潤滑することでエンジンを内部から冷却するという効果もあります。
このようにエンジンには必要不可欠なものなので、きちんとメンテナンスをしなければエンジンにトラブルが生じてしまうことにもなります。
まずオイルはやはり油なので酸化してきます。またエンジンは空気と燃料を燃やして回転するため、だんだんと汚れてきます。
アメフト01そうなると徐々にオイルが固くなってきます。オイルが固くなるとパワーが出なくなったり、燃費にも悪影響を及ぼします。
またオイルが劣化してくとオイルに含まれている添加物も劣化していくためにオイルも少しづつ燃焼されてしまいます。
そうなるとオイルの量が減ってきてしまいます。
オイルの残量を確認するにはエンジンルーム内を覗いてみると、エンジンにオイルゲージというものが付いています。
これを抜き差しすることで残量を確認することができます。
このオイルゲージについているエンジン内部のオイルの残量と色を確認することができます。
汚れてきたり、残量が少なくなると交換をする必要があります。

Comments are closed.